Greetingご挨拶

1988年11月、当法人は那覇市大道にて医療法人陽心会を設立し、地域に根ざした医療を提供することを目指して開業しました。
現在では、大道中央病院、メディカルプラザ大道中央、地域包括支援センター若狭、介護老人保健施設やすらぎの里、在宅総合ケアセンター大道など、多くの施設を設置し、地域の方々が住み慣れた街で最高の医療を受けられる環境を提供しています。
急性期治療を終えた方々が安心して在宅で暮らせるように、シームレスなリハビリテーションを提供することに注力しており、地域に根ざした医療とケアを行うために、広い地域診療圏を設け、在宅サービスや通所リハビリ・通所介護施設、地域密着型施設なども提供しています。
また、総合ケアセンターとなんでも相談室を設け、地域の方々が気軽に医療や福祉について知ることができるよう、情報提供にも力を入れています。
これからは、モノレール安里駅を中心とした地域に、安心できる医療体制を整え、市行政と協力しながら、より住みやすく、良い街づくりに貢献することを目指しています。

Philosophy病院理念

地域に根ざした
地域のための医療と福祉

Policy基本方針

  • 慢性疾患病棟のすべての機能を自宅と街に持ち込む、自宅の病床化を目指します。
  • 自宅病床化を支えるための循環器を中心とした24時間365日体制の急性期医療と内科を中心とした専門医療を行います。
  • できるだけご自分で生活していただくため、早期からの徹底したリハビリテーションを実施します。
  • 老齢化社会に対応するため、糖尿病をはじめとする慢性疾患の管理及び健康に対する自己管理の啓発を行います。
  • 患者及び家族の方の立場に立って当法人が行うことのできるあらゆるサービスを提示し選択していただきます。
  • 患者及び家族の方の権利を十分に尊重し、説明と納得による信頼される医療を心がけます。

patient rights患者様の権利について

  • あなたは、必要とされる最善の医療サービスを受けることができます。
  • あなたは、個人として人権を擁護されながら適切な医療・看護が受けられます。
  • あなたは、自らの状況を知るために、必要な情報を得ることができます。
  • あなたは、十分な納得と同意の上で、適切な医療サービスを選択して受けることができます。
  • あなたのプライバシーは保護され、慎重に扱われます。
  • あなたは、自ら選んだ医療機関で、セカンドオピニオンを受けることができます。

※当院では患者様のプライバシーを尊重し、同意のもとに病棟への名前表示をさせて頂いております。御都合の悪い方はお申し出下さい。
※ご質問やご不明な点についてはいつでも責任者またはスタッフにお尋ね下さい。

この街で暮らしたい

笑顔と温もりのある街でいきづく、“ユイマールの心”
共に助け合い、支えあう精神は、生きる喜びと優しさに包まれた社会を作り出します。
私たちも「地域に根ざした地域のための医療」を通して、この街と人へ広げていきたい4つの思いがあります。

当院の4つの思い

  • thought01
    健康に
    趣味・生きがいを通して、心身ともに健康な暮らし。
  • thought02
    安心に
    いつでもそばに、頼れる人がいるという安心。
  • thought03
    便利に
    困ったとき、相談したいとき、必要なことが身近にある環境づくり。
  • thought04
    楽しく
    家族・友人とのふれ合いや、街へ外出する楽しみ。

入院について

入院に関する案内は以下資料をご確認下さい。

入院案内はこちら

Overview病院概要

名称 医療法人陽心会 大道中央病院
開設者 理事長 高良 健
病院長 高良 健
所在地 〒902-0067 沖縄県那覇市安里1-1-37
開設日 1988年11月1日
病床数 224床(うち一般病床:109 床、療養病床:115床)
施設規模 鉄筋コンクリー ト造/地下1階、地上6階
敷地面積/1,650.29㎡
延床面積/6,574.70㎡
駐車場/24台
※病院施設内全面禁煙
診療科目 内科、呼吸器内科
循環器内科、消化器内科
神経内科、外科、整形外科
形成外科、リウマチ科
糖尿病内科
リハビリテーション科
施設認定 生活保護法指定医療機関
労災保険指定医療機関
指定自立支援医療機関(育成医療・厚生医療)原爆被爆者一般疾病指定医療機関
難病指定医療機関、救急告示病院
日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
居宅療養管理指導事業所
TEL 098-869-0005
FAX 098-869-2022
設立年月 1988年12月
施設基準一覧 【基本診療料】
一般病棟入院基本料
診療録管理体制加算2
急性期看護補助体制加算
(夜間看護体制加算)
療養環境加算
重症者等療養環境特別加算
病棟薬剤業務実施加算1
データ提出加算2
認知症ケア加算3
地域包括ケア病棟入院料2
回復期リハビリテー ション病棟入院料1 (体制強化加算I)
入院時食事療養(l)・入院時生活療養(I)
後発医薬品使用体制加算3
入退院支援加算1
せん妄ハイリスク患者ケア加算

【特掲診療料】
心大血管疾患リハビリテー ション料(I)
脳血管疾患等リハビリテー ション料(I)
廃用症候群リハビリテー ション(I)
運動器リハビリテー ション料(I)
呼吸器リハビリテー ション料(II)
検体検査管理加算(II)
医科点数表第2章第10部手術の通則16に掲げる手術
薬剤管理指導料
胃痩造設術
胃痩造設時際下機能評価加算
在宅療養後方支援病院
酸素の購入価格に関する届出
二次性骨折予防継続管理料2及び3
CT撮影及びMRI撮影
ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算
事業内容

メデイカルプラザ大道中央

  • 内科
  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 整形外科
  • リハビリテーション科
  • 呼吸器内科
  • 糖尿病内科
  • 代謝内科
  • 内分泌内科
  • 人工透析内科
  • 婦人科
  • 皮膚科
  • 脳神経外科
  • 肝臓内科

介護老人保健施設やすらぎの里

入所定員:70人、通所リハビリテーション


その他施設

・有料老人ホーム星の館
・グループホーム大道が丘
・グループホーム たかまーみの家
・小規模多機能型ホーム 大道
・那覇市地域包括支援センター若狭

History沿革

1988年11月 医療法人陽心会設立
1988年12月 医療法人陽心会大道中央病院 開設
1998年4月 医療法人陽心会介護老人保健施設やすらぎの里 開設
1999年2月 大道中央病院を分離し、安里に大道中央第二病院を開設
2002年11月 大道中央第二病院を大道中央リハビリテー ション病院に名称変更
2003年4月 医療法人陽心会グループホームたかまーみの家 開設
2006年2月 やすらぎの里を新築移転
2006年5月 大道中央病院が大道中央リハビリテー ション病院の建物に移転し統合
同時に医療法人陽心会メディカルプラザ大道中央 開設
2006年6月 大道中央リハビリテーション病院を医療法人陽心会大道中央病院に
名称変更(205床)
2007年4月 小規模多機能型ホーム大道及びグループホーム大道が丘を開設
2013年4月 那覇市地域包括支援センター若狭 受託・運営開始
2016年3月 メディカルプラザ大道中央の19床を大道中央病院に移動(224床)
2018年2月 大道中央病院3階に「地域包括ケア病棟」を開設
2018年7月 設立30周年記念イベント 「美しく生きる『医・食・住・衣』」を琉球新報社で開催

Google Map

〒902-0067
沖縄県那覇市安里1-1-37